モバイルエンジニアリング事業部

移動体通信基地局工事

最新のモバイルインフラ構築技術で快適なネットワーク社会を実現します


今や人々の生活に欠かすことのできない携帯電話。当社ではモバイル端末のための通信インフラ構築において設計、建設工事、調整・試験、保全・保守まで一貫した体制で取り組んでおります。




▼ 置局交渉〜コンサルティング・設計

移動体通信基地局を設置するエリアの調査を実施。良好な調査結果が得られたら無線基地局を設置するためのオーナー交渉を行うと同時に、各所管官庁などへの申請・報告を行います。

▼ 建設工事

工事に必要な機材・資材を手配し、詳細設計図に基づいて基地局の設置工事を行います。

▼ 調整・試験

設置が完了した基地局の単体試験やネットワークとの連接試験を行い、システムとして設計地を満たすよう調整や試験を実施します。

▼ 保全・保守

法令によって定められた保全や、システムを安定的に運用するための機器交換、システムアップグレードなどさまざまな定期点検保守を行います。



あらゆる環境下での最適なモバイルネットワークを実現するために、屋外通信基地局建設(鉄塔局・ビル局)にも、屋内通信基地局建設にも幅広く対応いたします。



▼ 屋外通信基地局(ビル局)

都市部の密集したビルの屋上に設置されるため、比較的狭いエリアを効率的にカバーできる建物を選定する必要があります。ビルオーナー様から設置の承諾をいただき、他局との電波干渉を考慮したうえで建物の強度も検討しながら設計を行います。

▼ 屋外通信基地局(鉄塔局)

郊外の住宅地や平野などに設置されるため、広範囲なエリアがカバーできる土地を選定する必要があります。土地の所有者様と近隣にお住まいの方々に設置の承諾をいただき、建築基準法や都市計画法など各所管官庁にて取り決められた法律を遵守して設置に関する申請を進めます。さらに、地質調査や電源・伝送路の確保、アンテナ・設置機器の検討を重ねながら詳細設計を実施します。

▼ 屋内通信基地局

ビルの地下や電波の届かない場所に中継局を設置するもので、特定のエリアのみをカバーするタイプとビル全体をカバーするタイプを使い分けながら、ビル内空間で快適な移動通信によるコミュニケーションが出来るように構築いたします。